コンテンツへスキップ

ご挨拶・役員紹介

会長挨拶

西川会長

5期生 西川 滋夫

会長就任のご挨拶  ~ 「昭和」から「平成」、そして… ~

 「大阪府立山田高等学校同窓会」のホームページにようこそお越しくださいました。
 先の平成29年度の総会にて、その卓抜したリーダーシップで本会を牽引してこられた3期の石井前会長の後を受けて、第3代会長に就任いたしました。府立高校屈指の人気校となった山田高校の卒業生である31期生までの12,653名の会員と、現・旧教職員の特別会員のみなさまを預かる会の代表として、その責任の重さに身が引き締まる思いですが、これまでの活動を引き継いでいくとともに、新たなニーズを取り入れた活動も模索しながら、これからもしっかりと会の運営に努めてまいります。
 私が5期生として山田高校に入学したのは昭和63年春、すなわち昭和最後の入学生でありました。そこから時代は平成に移り、まもなくその平成の世も次の天皇陛下の代に替わります。昭和59年に開校した山田高校の歴史は、ほぼ平成の時代と共に歩んできました。私たちが学校で学んでいた頃は、学校の目前にエキスポタワー(平成15年解体)がそびえ、エキスポランド(平成21年閉園)からはジェットコースターの乗客の歓声が聞こえてきました。また、私たち5期生が3年生のときに大阪高速鉄道(大阪モノレール)が千里中央と南茨木の間で開業し、学校最寄駅に万博記念公園駅が加わって通学の足になりました。今ではエキスポランド跡地も商業施設(エキスポシティ)となり、観覧車もエキスポランドのときよりもさらに大きなものができました。
 母校に目を向けますと、私たちの在学中は一学年に12クラス・560名を越える生徒がおり、当時から校内には活気が満ち溢れていました。その後も現在に至るまで、常に進学したい高校として人気校に挙げられる、誇らしい母校になっています。卒業生も各界で活躍されており、親子2代に渡り山高生という方もいらっしゃいます。また、母校で教壇に立つ恩師にも卒業生がいらっしゃいます。こうして、母校が創立34年目を迎えた今日も、ますます進化しています。
 そして、今年いよいよ1期生の皆様が50才を迎え、今後益々同窓会への期待が高まって行くものと考えています。その期待に応えるためにも私たち同窓会本部としてその誇りを忘れずに、母校とも緊密に連携していきながら、お互いの発展のために尽力してまいりますので、どうぞこれからも本会の活動にご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。まずはぜひ、毎年開催しております同窓会の総会・懇親会に参加してみてください。
 最後になりましたが、同窓会の活動は卒業生の会員だけで成り立つものではありません。恩師である学校長はじめ母校の現・旧教職員のみなさまにも、特別会員として積極的に本会の活動へ参加していただき、立派に社会人として成長した山高卒業生にエールを送ってやってください。恩師のみなさまにおかれましても、今後ともご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

(平成30年1月)

名誉会長挨拶

学校長 今堀 直三

ごあいさつ

同窓会の皆さまには、日ごろから本校の教育活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 私はこの4月に山田高校に赴任して半年が経ちました。この間、私が感じた山田高校の素晴らしさはたくさんあります。
 まず毎日10分間の朝学習です。平成26年度から朝の10分間学習(山田ベーシックタイム)を導入しています。これは主に英単語と漢字の小テストですが、ほとんどの生徒が平日の家庭学習に取り組むようになっており、他校では見られない成果です。
 進路については、この3年間(平成27~29年度)の合計の進路実績は、現役・浪人併せて、延べ人数で、国公立大学合格が36名。平成29年春は、京都大学、大阪大学にも合格しています。関関同立は、353名です。本当によく頑張ってくれています。
 次に、学校行事については、6月に行われた体育祭、9月に行われた文化祭において、いずれも生徒が自分たちの手で作り上げたすばらしいものでありました。
 また、部活動は約9割の生徒が日々、活発に活動しています。特に近年は、全国大会に陸上競技部、ダンス部が、近畿大会に水泳部、ソフトテニス部、バドミントン部、陸上競技部、吹奏楽部、演劇部等が出場を果たしています。また、地域のフェスティバルや地区文化祭への作品出展など、さまざまな取り組みに参加してくれています。今後も他のクラブの活躍を大いに期待しています。
 さらに、国際交流において、来年度から本校は台湾への修学旅行を実施し、全員が海外の高校との交流経験を持つことになります。そして希望者にはオーストラリアの学校との姉妹校交流を実施しています。
 昨年度、毎年実施している「学校教育自己診断」のアンケートで「山田高校に入学してよかった」とする生徒が88%となっています。保護者の皆様には95%の方々に「山田高校に入学させてよかった」と回答していただいています。
 ところで、私は生徒の皆さんに、自由研究をやりませんか、と訴えかけています。新しい時代に生きる生徒の皆さんには、すぐには答えが見つからないテーマを自ら設定し、それに取り組むという、主体的な活動が求められています。そして、現在の高校1年生から本格的に実施される大学入試改革においても、ペーパーテストでは測れない力を見る際には、これらの探究活動がしっかり評価されることでしょう。私は山田高校に、さらなる可能性を見い出したいと願っています。
 同窓会の皆様には、今後とも本校の教育活動へのご理解とお力添えを、どうぞよろしくお願い申しあげます。

(平成30年11月)

役員

役職 名前
会長 西川 滋夫(5期生)
副会長 二木 晃(5期生)
副会長 久保田 拓也(18期生)
書記 清水  雅人(23期生)
会計 村中 健実(3期生)
執行役員 後藤 三有紀(4期生)
執行役員 石崎 七海(23期生)
執行役員 黒田 昂志(25期生)
執行役員 菅沼 夕華(26期生)
監査 石井 宏幸(3期生)
監査 竜田 光絵(3期生)